About
Power
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Friend's photo
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
Power
Jog
スマホ用画面に切り替え
MOBILE
qrcode
OTHERS

moon piece P-diary

<< ゆーはん。 | main | ジョギーング >>
2017浅草スカイツリーラン 走行記
0

    当日走りながらも更新してたのでご存知だと思いますが
    (走りながら書いてた日記 → http://moonpiec.jugem.jp/?page=6&day=20170513 )
    土曜日は第7回浅草スカイツリーランに参加してきました。
    今日はまごうことなくそれレポートです。
    いつものように、いくつかのパラグラフに分けて書いて行きますね。




    ◆説明しよう

    説明しよう「浅草スカイツリーラン」とはウエシマクラブが主催する毎年1回
    5月の第二土曜日に、国道6号を使ってつくばから浅草まで走ろうという企画。
    最長キョリのスタート地点は洞峰公園
    ここをスタートしてゴールまで走ると60kmになる。





    洞峰公園以外のスタート地点は、
    ひたち野うしく駅、取手駅、北柏駅等々、
    各自が自分の走力や、当日の自分の予定に合わせて自由に参加出来るようになっている。
    ざっくりとしたキョリだけど、
    洞峰スタートだと60km。
    ひたち野うしく駅スタートだと53km。
    北柏スタートだと30kmを走る。

    走る際はキロ6分45秒ペースのA班と
    キロ7分30秒ペースのB班の2グループに別れて走る。
    A班のゴール予定時刻は15時半。
    B班のゴール予定時刻は16時半。
    常磐線は国道6号と平行して近い所を走っている為、
    参加したものの、体調不良や怪我等で途中離脱する場合は、
    離脱した場所から直近の常磐線の駅移動して、電車に乗ってゴール地点に移動す事が可能。
    ゴール後の着替えは、ゴール地点の浅草のクロネコヤマト浅草仲見世店センター止めで
    各自事前に着替えの入った鞄を宅急便で送っており、そこで着替えを受けとる事が出来る。
    着替えを受け取った後は、浅草にある銭湯蛇骨湯にて汗を流し、
    ピカピカになったカラダで、各自ホッピー通りに繰り出し、
    名物の煮込み等をつまみながら、ホッピーを飲み、打ち上げまでの時間をつぶす(0次会)
    18時半から打ち上げスタート。
    3時間飲み放題4千円の焼き鳥屋にて、60km走ってきた猛者達、
    1mmも走ってはないけど飲み会だけは参加するというある意味猛者達が大勢集まり、
    自身のそしてお互いの偉業をたたえながら、大宴会を繰り広げる。



    当年、洞峰公園集合写真

    BA.jpg



    当年、ひたち野うしく駅集合写真

    IMG_0601.JPG


    20170513_1881082.jpg



    当年、A班のゴール地点集合写真

    B.jpg



    当年、0次会の写真

    20170513_1881476.jpg



    当年、うちあげの集合写真

    IMG_0604.JPG



    当年、オレンジさんのアタマを愛でているりょうママの写真

    IMG_0605.JPG






    ◆決断

    説明が非常に饒舌になってしましましたが、
    そんな7回目の浅草スカイツリーランに今年も参加してきました。
    オレ自身参加するのはこれで4回目。

    2014年、初めてこの企画に参加した時はひたち野うしく駅から走った。
    その時のレポート。 http://moonpiec.jugem.jp/?eid=10419

    2015年、2回目の参加。去年ひたち野うしくから走れたし、ならばフルで走ってみるかと
    調子に乗って洞峰公園から走った。
    その時のレポート。 http://moonpiec.jugem.jp/?eid=15063

    2016年、3回目の参加。昨年洞峰公園から走ってしんどかったので、日和って再びひたち野うしく駅から参加。
    残念ながら去年はレポート書いてないっぽい。
    あるのは当日の日記のみ。当日の日記  http://moonpiec.jugem.jp/?page=6&day=20160507

    4回目の参加となる今年。
    今年はどうするか。
    洞峰公園から走るとしんどいけど、
    今年は6月の1週目に奥武蔵ウルトラマラソンに挑戦するし、
    7月の1週目は日光ウルトラに挑戦する。
    その練習を兼ねて洞峰公園から走らなきゃダメかなぁ・・・と思いつつ、
    3日前までウジウジ悩む。しんどいの嫌だよなぁって。
    最終的に奥武蔵&日光を一緒に走るおぐりんの
    「僕は洞峰公園から走りますよ。」って言葉を聞いて、
    そうだよなぁ・・・と思って洞峰公園スタートを決断。





    ◆嫁

    木曜の夜だったかな?
    夕飯食べてる時に嫁に話した。
    土曜日は洞峰公園から走るから、朝6時半に洞峰公園に送ってってくんないかと。
    そしたら、

    「おまwwww、走っていけよwww
     60km走るのも65km走るのもたいして変わらんろwwwww」

    ・・・と
    (うちから洞峰公園までは約5km)

    いやいやいや。
    違うねん。
    俺は本当は60kmなんて走りたくないんだよ。
    ひたち野うしくから、否、どっちかと言うと北柏駅、
    ややともすると、打ち上げだけ参加でいいと思ってんねん。
    そんな甘い心に必死に鞭打って洞峰公園から走るって決めたねん。
    だから頼むよ。送ってってくれよと。
    そうお願いして送って貰う事になった。






    ◆おぐりん

    当日の朝、5時半に起きるとガーミンを長い時間コンセントに繋ぎっぱなしにしてたせいか、
    逆放電現象が起こって電池残量がゼロになってて焦る。
    (前のガーミン(610)では良くあったけど、今のガーミン(920)でこの現象が起こったの初めて)

    マジかよ。
    これから大冒険するのにそのログが取れないってアリエナイっしょ。
    慌ててガーミンのコンセントを抜き差しして、再度充電を始める。
    今日の行程、8時間くらい電池が持てば最後までログは取れる。
    保険を考えて、電池残量60%あればいけるだろう。
    電池が60%になるまでは家を出られないなと。
    ただこれだと多分、洞峰公園スタートの時間には間に合わないな。
    そう思って、おぐりん、オレンジ、ゆーこのいつものくびきのグループLINEに連絡。

    「ちょいトラブルでスタート間に合いません。
     洞峰公園に俺が来なくても、待たずにスタートしてって
     ママチャリさんに伝えて」と。

    ちなみに今年のスカイツリーラン。
    くびきの4人は
    おぐりんは 洞峰公園 → ゴール
    オレンジさんは ひたち野うしく駅 → ゴール
    ゆーこちゃんは 洞峰公園 → ひたち野うしく駅の予定だった。

    俺の洞峰公園間に合わないの連絡に対して、
    おぐりんから即レスで「了解しました。伝えます」と来たので、
    安心してガーミンの画面を睨み付ける。
    早く60%になりやがれ。
    そうこうしてると、
    再びおぐりんからグループLINEにメッセージ。


    「着替えてちょこっと走ってみたんだけど、
     ふくらはぎが痛いので今日はやめます。
     飲みだけ参加します。」・・・と



    ちょwwwwwおまwwwwwマジかwwwwww



    君が洞峰公園から走るって言うから俺も洞峰公園にしたのに。
    6時半。
    ガーミンはやっと充電60%を越えたので、
    嫁に運転して貰って車にて自宅を出発。
    洞峰公園から2.5kmくらい離れた所を走ってる本隊を見つけてそこから合流。


    20170513_1881062.jpg


    ゆーこちゃんとおぐりんの話をしながら走った。
    足痛いってあれ絶対嘘だぜ。
    外出たら雨降ってたから走るのめんどくさいって思ったんだぜ。
    てか、おぐりんの諦めの早さにはいつも感心するよねwwww
    等々・・・散々2人で悪口を言いながら走った。
    きっと俺がいない時は俺もこんな風に悪口言われてるんだろうなって思ったら
    おそろしくなったwww





    ◆ももちゃん

    20170513_1881084.jpg

    ももちゃんは2016年度TeamR2のメンバー。
    (TeamR2とは? → https://runnet.jp/woman/teamr2/ )





    熾烈なオーディションを勝ち抜いてR2に選ばれるだけあって、絶世の美女。
    ももちゃんはダメだ。じじころがしが上手すぎるwwww

    ひたち野うしく駅から合流してきたももちゃんから、
    走り始めてすぐの頃、

    「むんちんさん髪の毛切ったんですか?
     髪の毛長い時も色気があって好きだったけど、
     短いのも似合いますね」

    こんな事をさらっと言ってくんの。
    満面の笑みで。




    チャン河合ですよ。
    ももちゃんみたいな子にこんな事言われたら、
    そらぁ言うてまうがな。


    惚れてまうやろおおおおおおおって。


    そんな話を昨日の牛久走友会の全体走の時に、
    小天狗師匠やPIPIさんに話しながら走ってたら、
    PIPIさんから、

    「男って単純ねー。
     それでコロりと騙されるんでしょwwww。」

    って言われた。
    そりゃそうですよ。
    イチコロですよ。
    ももちゃんはダメだ。じじころがしが上手すぎるwww
    その証拠にオレンジさんなんて土曜日は終始デレデレして
    ももちゃんの周りにまとわりついてたもん。


    20170513_1881364.jpg



    (多分俺もww)



    170513_151629.jpg






    ◆メンタル

    みなさんご存知と思いますが俺はメンタルが弱い。
    弱いと言うかクソだ。
    性格も悪い。
    どんくらいクソかと言うと、
    この手の長い距離を走る時はいつも5kmくらいで根をあげてしまう。
    スタートして最初の数キロはイベントに参加してるって言う
    高揚感でワクワクで走ってるんだけど、
    そんなのも走り初めて30分も過ぎるとあっという間に消える。
    そうなると一気にネガティブモードを発動。

    この後何キロあんの?
    俺何が楽しくてこんなキョリ走ろうとしてるんやろう?
    アホちゃうか。
    なんでこんな事してるんやろう。
    もう走りたくない。
    そんな長い距離疲れるし、走っていくなんて絶対無理。
    止めたい。
    帰りたい。
    帰りたい。
    嫁に電話したら迎え来てくれるかな?
    ずっとそんな事ばかり考えてしまう。

    いっつもそう。
    こうなると誰かと話すのも億劫になって、
    一人集団から抜け出して、くよくよしながら集団の最後尾を一人で走ってる。
    15km過ぎたあたりとかも、
    えー、この先まだフルマラソン1本分あんの?
    勘弁してよ。
    そんなの絶対嫌。
    早いところ棄権して電車乗ろうと。

    くびきので100km走った時もそうだった。
    スタートして5kmくらいまでは楽しかったけど、
    その後は地獄だった。
    10km通過 → まだたった10kmしか走ってないん?ここから90kmも走らないいけないの?嫌だ。死にたい。
    20km通過 → やっと20kmだけど、ここからフルマラソン2セットって事でしょ?勘弁してくれよぉ。
    30km通過 → あーあー、フルマラソンならあと12km走れば終わりなのに。

    レース前半はこんな感じで先の長さを憂いで
    ネガティブな事しか考えられない。
    カラダは大して疲れてないのに、嫌でたまらないんだよね。
    逆に50km越えたあたりからはめちゃくちゃ楽しくなってさ。
    えっ!?もう半分越えたん?
    ならイケるかも。
    よーし頑張っちゃおうおおおおおってww
    この精神構造なんとかしたいんだけど、
    こういう腐った根性はやっぱり治らないのかな(>_<)

     




    ◆ともりん

    20170513_1881318.jpg

    走ってる時に思い出したんだけど、
    去年のこのスカイツリーランに参加して、
    打ち上げの席でともりんと話して
    「えちごくびきの100kmマラソン」エントリーする事を決めた。

    過去に60kmのウルトラは走った事あった。
    100kmについてはずっと興味はあった。
    いつか挑戦してみたいと思ってた。
    そんな矢先にマイケルさんにくびきのの事を教わって
    やるかどうかすげー悩んだ。

    去年のうちあげの席で、
    過去にくびきのでウルトラに初挑戦したともりんにその話をしてた。
    やってみたい気持ちはあるんだけど、恐いんですよと。
    その日ともりんはそんな俺に対してこんな事を言ってくれた。

    「むんちん、ウルトラはね、
     完走出来たか出来なかったかなんてどうでもいいんだよ。
     大切なのはウルトラに挑戦してみようと思ったその気持ちだけだよ。
     そう思えた事が1番素晴らしいと私は思う。」

    この言葉痺れたんだよね。
    そっかそっか。
    ゴール出来るかどうかじゃなくて、
    やろうとした事がかっこいいだって。
    この言葉に感動して、
    俺はこの日自宅に帰って、その日のうちにエントリーボタンをクリックしたwwww

    でもって、一人で挑戦するのは心細くて、
    色んな人に声をかけて、
    結果、オレンジさん、おぐりん、ゆーこちゃんを巻き込んで
    4人で挑戦する事になったww
    (のちにくびきの4人衆と呼ばれる事になるとは、この時は知る由もなかった)
    そう言えば去年はそんな事があったなぁって思いながら走ってた。

    あれ以降、ウルトラにちょっと興味あるって方に出会う度に、
    ともりんから聞いた言葉をさも自分の言葉であるようにしゃべって、
    一緒にやろうぜ!!って誘っているんだけど、
    誰も俺の誘いには乗ってくれないんだよねぇ。
    俺の何がイケナイんだろうwww





    ◆雨

    走ってる途中、
    「雨の中走るの大変だねー」みたいなメールを何人かから貰った。
    (返事出来なくてごめんなさい)
    でも雨はちっとも気にならなかった。
    4回目の参加。
    過去3回は暑さと日差しの強さがハンパなくきつかったんだけど、
    雨のおかげで涼しくて今回は過去4回の中で一番楽だったんじゃないかなって思った。
    (そのおかげかA班は予定時間より15分も早くゴールした)
    後半は寒くなって、シャカシャカ着なきゃってレベルだった。
    例年、国道6号沿いの狭い歩道を走ってる時は、
    前方から歩行者が来たり、後方からオレ達を追い抜いていく自転車がくると
    「前方から歩行者でーす。右に寄ってくださーい。」
    「前方から歩行者でーす。右に寄ってくださーい。」
    「前方から歩行者でーす。右に寄ってくださーい。」
    「後方から自転車でーす。左に寄ってくださーい。」
    「後方から自転車でーす。左に寄ってくださーい。」
    「後方から自転車でーす。左に寄ってくださーい。」
    以上延々後ろへ向かって連呼ww
    この離合が大変だったりするんだけど、今年は雨のおかげで、
    歩行者も自転車も少なくて、歩道をすいすい走れた。気持ち良かった。
    雨が降ってると、走るまではちょっと億劫だけど、
    走り出すと雨は気にならない。
    逆に降ってくれた方が涼しくていい。
    特にこれからの時期は。
    走り終えたらすぐお風呂に入れるって条件はつくけど。







    ◆腰

    42kmを越えたあたりの何度目かの休憩。
    カラダはそんなにキツクはなかった。
    それよりあと十何キロかでゴールだと思ったら嬉しかった。
    ウルトラを想定してロング走を繰りかえしてきたおかげで、
    昔の自分では想像も付かないくらい走れるようになった。
    これくらいのキョリではへこたれないようになった
    (最初の10kmとか20kmあたりではすげーにへこたれてるけどw)
    それでも50kmを過ぎたあたりから、
    カラダがぐーんと重くなるのを感じる。
    走ってて、腰が下がってきて、重心が落ちてきてるのを感じる。
    フォームが崩れてるのを如実に感じる。

    こんなんじゃダメだ。
    腰を高く保たなきゃ。
    ずっとこう考えて腰をあげる事をイメージして走ってた。
    キョリが長くなってこうなってしまうのはある程度仕方ない事だと思うけど、
    50kmでこれが来るのはダメだろう。
    もっともっと練習して、
    せめて60kmとか70kmくらいまでは普通に走れるように鍛錬しなきゃなーって思いながら走った。






    ◆ぶっちぎられ

    ゴールまであと5kmを切ったあたりから、
    集団のペースが1段階あがった。
    A班はキロ6分45秒ペースのはずなのに、
    時計見たらキロ6分切ってる。
    キロ5分50秒台。

    マジかよ。
    このタイミング、このキョリ。
    ここからビルドアップするかぁ?
    ここでキロ6分切って走れんの?

    午後から雨脚は強くなって気温もぐっと下がってた。
    みんな早くゴールしてお風呂に入りたい一心で走ってたんだろうなとwww
    それは俺も同じ気持ち。
    疲れた−。
    もうゴールでいいべ。
    雨も飽きたべ。
    早く風呂入りたい。
    濡れた靴脱ぎたい。
    全身渇きたいって思って一生懸命走ったんだけど、
    最後の最後でぶっちぎられ。
    結局A班集団から500m、3分ほど遅れてゴールしました。
    最後千切られたのは悔しかったな。
    最後だけ抜け駆けダッシュして、
    絶対1位でゴールしたろwwってこっそり目論んでたから。
    出来なかった。
    ちっ。






    ◆もっかいおぐりん

    0次会はいーつかさんに煮込みのお店につれて行って貰った。
    そこでもしこたま飲んだ。

    20170513_1881479.jpg


    その後、1次会に参加して、焼き鳥屋で3時間全力で飲んだ。
    飲み会の後半ほとんど記憶ない。


    20170513_1881671.jpg


    打ち上げの後、
    みんなの後ろにくっついて歩いてなんとかTXに乗った所までは憶えてる。
    TXに乗って座れた、ラッキー☆と思ったのは憶えてる。
    ここで意識が飛ぶ。
    瞬間移動。
    さっき浅草でTXに乗ったと思ったのに、
    気付いたら最寄り駅の手前だった。

    「むんさんぼちぼち駅ですよ。
     起きた方がいいですよ。」

    こう言っておぐりんが起こしてくれた。
    俺が乗ってたのは区間快速(各駅停車)で、
    おぐりんが家に帰るには、途中で追い抜かれたであろう
    後から来た快速に乗り換えた方が早く家に帰れただろうに、
    俺が寝ちゃったから、おぐりんは乗り換えずに俺につきあってくれたのかな?
    おぐりんはすごくいい奴だ。
    朝、ゆーこちゃんとオレンジさんで悪口言ってごめんなさい。

    ちなみにこの秋に福島で開催される
    伊南川ウルトラ遠足と言う100kmのレースに出ようと言ってる。
    嘘、
    GWのなんかのイベントの打ち上げの時に、
    俺、おぐりん、ゆーこちゃん、美穂ちゃんの4人で
    これに出ようぜって酔っ払った勢いで決めた。

    あれから10日以上が過ぎて、
    おぐりんは早々とエントリー手続きをすませたけど、
    俺を含めて、ゆーこちゃん、美穂ちゃんの3人はまだエントリーしてない。
    ビビってまだクリックできないでいるって言う事実をおぐりんにはまだ知らない。

    伊南川のページは毎日眺めてはいるんだけどな。
    すげー高低差だな。これ、ほんまに走れるんかいなって思うと、
    人差し指をカチっとする勇気が・・・
    早くみんなエントリーすればいいのに。
    そしたら俺も覚悟決めるのになとwww
    (あくまでも俺はみんなを見届けて最後にエントリーする)






    ◆不平等

    長々と(関係ない事ばかり)書いてきたけどw、
    この章で終わりな。

    反論あるかもしれないけど、俺の持論を書く。
    人間はものすごく不平等に出来ていると思う。
    フルマラソンを3時間切って走る事が出来る人達がいる。
    凄いなと思うけど、どんなに練習したとしても自分がそれを出来るとは思えない。
    フルマラソンを3時間切って走れる人は、
    それ相応の力や才能を生まれながらにして持ってる人だと思う。
    ものすごく練習したら出来るよと言われても
    その(きつい)練習に耐えられる心や体の強さも才能の1つだと思ってる。
    俺はそれは持って生まれなかった。
    持つものと持たざるもの。
    人はものすごく不平等に出来ていて、その差を埋める為に努力する。
    でも、努力でまかなえる量には限りがある。
    残念ながら。

    確かに俺はフルマラソンを3時間切って走る事は出来ないけど、
    100km走る事は出来た。
    60km走る事も出来るし、走った後、ケロっとして
    大酒飲むカラダの強さも持ってる。
    これは俺が持って生まれた才能と能力だよね。
    これが出来るようになる為には、そりゃ長い年月をかけて沢山の距離を走ってきたよ。
    でも自分と同じだけの練習をしたとしても、
    世の中には100km走れない人はいるかもしれないし、
    60km走った後、楽しく飲む事が出来ない方もいるかもしれない。
    だって、人間なんて不平等に出来てるんだから。
    だからいつも思う。
    こんな風に長い距離を走る事出来た後はいつも思う。





    「お父さん、お母さんありがとう。
     丈夫なカラダに生んでくれてありがとう。」




    60km走れるカラダに生まれて俺は幸せだなって。

    今年の夏、
    出来たら母ちゃんを筑波山に連れてってあげたいなって思ってる。
    小田山の頂上から見る景色は好きだけど、
    筑波山の女体山山頂からの景色は俺は大好き。最高だと思ってる。
    自分が大好きな素晴らしいと思ってる景色を母ちゃんにも見せたくて。
    母ちゃんは足腰が悪い。
    先日は股関節を人工の股関節に変える手術をした。

    麓から自力で筑波山登るなんて絶対出来ない。
    でも、御幸ヶ原まではケーブルカーで登って、
    そこからは母ちゃんさえ嫌じゃなかったら、
    女体山山頂までは、母ちゃんおぶって登りたいなって。
    で、山頂からの景色を見て一緒におにぎり食べたいなって。
    そして言いたいなと。
    「おにぎり美味しいね」ってwww

    土曜日はオレンジさんとそんな話をしながら雨の中浅草目指して走ってた。
    (デレデレしてない時は)










    | - | 21:24 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    お疲れ様でした!
    走るモチベーション低下気味でしたが走行記読んでテンションあがりました。
    お陰で今朝も走れました。
    火曜の朝なのである意味一人オレンジ練?(笑)
    | まー | 2017/05/16 7:03 AM |
    お疲れ様。
    なんかさ、走りたくないなーって日ってあるよね。
    分かるよ。
    一人オレンジ練ありがとうねw
    Tシャツ買ってくれるなら、
    まーさんの分も発注して送るよw
    | むんちん | 2017/05/31 7:31 PM |
    一度オレンジ練参加してみたいのですよね。常に一人で走ってるので。

    その為には仕事半休しなければならないのです。

    飛び入りokなのですか?
    | まー | 2017/06/04 6:13 PM |
    ★まーさん

    またまたご冗談をww
    そんな仕事休んで参加するほどのものじゃないですよ。
    誰でもウェルカムで、
    基本的に雨が降ろうが雪が降ろうが槍が降ろうが、
    1年中、毎週火曜の朝走ってます。
    火曜日が祭日になる時にでも、
    良かったら参加して下さい。
    | むんちん | 2017/07/11 9:05 PM |









    http://moonpiec.jugem.jp/trackback/25929