About
Power
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Friend's photo
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
Power
Jog
スマホ用画面に切り替え
MOBILE
qrcode
OTHERS

moon piece P-diary

<< ジムった。 | main | おそーじ >>
2018年美ヶ原トレイルラン 走行記 #8(最終話)
0
    6月30日土曜日、第8回美ヶ原トレイルラン大会の80kmの部に挑戦してきました。
    今日はまごうことなく、そのレポートの#8(最終話)です。
    #7を読んでない方は、そちらからどうぞ。
    http://moonpiec.jugem.jp/?eid=32888


    ◆キラキラ。

    18時30分にカズボーさんは元気に戻ってきた。
    いつものポーズで。


    1.jpg


    そこから約30分遅れて、
    骨折をおして参加したゆっこさんが、
    90kmの部のOWLさんと手を繋いで戻ってきた。


    2.jpg


    3.jpg


    OWLさんはみんなから

    「ゆっこさんと手繋ぎたいから、
     わざとゆっくり走ったんだろう!?」

    って散々突っ込まれてた。
    みんなみんなキラキラしてて
    羨ましかった。
    俺もこうなるはずだったのになと。
    羨ましくて悔しくてたまらなかった。
    俺もゴールしたかったのにな。


    4.jpg







    ◆それから

    21時過ぎホテルに戻って21時半から近くの居酒屋で打ち上げをして
    22時半に解散。



    5.jpg



    ホテルの部屋に戻ってからまた飲むつもりだったけど、
    昼から飲んでるわけじゃん。
    部屋についた途端寝てしまった。

    おかげで次の日早く目が覚めてしまった。
    でもこれはみんな同じだったみたいで、
    10時にチェックアウトする予定だったんけど、
    9時にホテルをチェックアウトした。

    せっかくこっちの方まで来たんだからと言って、
    少しだけ遠回りして、草津温泉に行って、
    白旗の湯と西の河原温泉
    二つの温泉に入って、
    草津でひるごはんを食べてから家路についた。


    13.jpg



    6.jpg



    7.jpg



    8.jpg



    9.jpg



    10.jpg



    11.jpg



    12.jpg


    本当に長い長い話しになったけどこれが美ヶ原80kmの顛末。







    ◆どうすれば

    レースにタラレバはないけど、あえてやるよ。
    見苦しいけどね。

    今回の敗因で一番に思うのは
    「温存しすぎた」って事。
    距離の長さにビビってた。
    何度も書いてるけど俺は下りは苦手だけど、
    登りは割と得意なんだよね。
    登りは比較的に走れるの。

    それでも、前半は抑えた。あえてね。
    前半から頑張りすぎると間違いなく後半もたないと思ったから。
    前半は走れると思った登り区間も少しでも傾斜がきついと感じたら
    積極的に歩くようにした。
    タイムじゃないんだ。「完走」が目標なんだ。何度も自分に言い聞かせて。
    結果的にタイムはどんどん遅くなっていって、
    2時間で10kmという完走までに必要なペースからかけ離れていって
    その事でどんどんネガティブになっていった。

    前半から抑える事なくきちんと走っていたら、
    間違いなくもっと速く走れてたと思う。
    その事で気をよくして、もっと頑張れたかもしれない。
    逆にそのせいで、もしかしたら後半は違う結果が待ってたかもしれないけど、
    今思えば、前半抑えるべきじゃなかった。
    走れると思った場所は全部走っておくべきだったと。

    補給の失敗もある。
    ポカリの粉持って走っていたらもう少し違う展開があったかもと思ってる。

    寝坊しなければってのもある。

    今まで参加してきたトレイルのレースと比べて、
    美ヶ原はとんでもないレースだった。
    上の全部をやったとしても、次の関門まで進めたけどそこで終わるかもしれない。
    あるいは次の次の関門までは行けるかもしれないど、
    そこで終わったになるだろうなと思ってる。
    美ヶ原はハンパなさすぎて、完走出来るイメージが沸かない。
    それでも挑戦してみるのか?
    自分の中で揺れ動いてる。
    これからどうするか。

    今回の失敗を踏まえて、来年もっかいだけ挑戦してみて、
    来年もダメだったら、このレースは無理ゲーすぎる。
    俺なんかお呼びでないレースだと割り切って
    きっぱり諦めるかなと。

    たださ、体力的な事や能力的な事以前に、
    仕事に影響されすぎてるんだよね。
    間違いなく来年の4月〜6月も同じ生活が待っていて、
    心も体も蝕まれて、生活も浸食されて、ろくに練習も出来ない。
    今の部署はおそらく長くてもあと2年。
    2年経てばまた違う部署で仕事をしている。
    そうすれば平穏4月〜6月を過ごしているかも。
    ならこれは保留にしておいて、
    次の部署から代われたら再度挑戦すべきなのでは?と。

    色々考えてる。
    まあ、先は長いから、1年かけて考えるよ。来年の事は。


    15.jpg



    14.jpg



    | - | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://moonpiec.jugem.jp/trackback/32893