About
Power
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Friend's photo
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
Power
Jog
スマホ用画面に切り替え
MOBILE
qrcode
OTHERS

moon piece P-diary

<< 必要最低限 | main | 天気いーなー >>
魚の骨
0
    20181108_2319214.jpg



    昨日の夕飯。
    サバのみりん干しを食べてた。

    焼き魚の日はいつも次女たんには、
    身をほぐして、あーんして食べさせる。

    口に入れる前に必ず

    「骨ない?」

    「ないって。」

    「絶対?」

    「絶対ないって。超、超、慎重に見てとったから。」

    こういうやりとりの後、
    次女たんの口に運ぶ。

    だがしかーし、
    昨日失態を犯してしまいまして。

    真剣に慎重に骨を取ったつもりが、
    骨が紛れておりまして、

    「もうパパ知らんっ。
     パパの言う事は信じない」

    とお叱りを受けました。
    俺はただただ平謝りです。

    「ごめんなさい。ごめんなさい。
     これからはもっともっと慎重に見ますから。
     ごめんなさい。土下座しましょうか?」と。

    そんなやりとりを横で見てた嫁は、

    「チサトは骨とってもらっておきながら
     なんでそんな偉そうなん?」と。


    別に不思議ではない。

    俺なんて、18歳で家を出るまでは、
    夕飯に焼き魚が出た日は、
    必ずおばあちゃんが横に座って、
    魚の骨をとって、ごはんの上にのせてくれてたからねwww
    その中に、1本でも骨があろうものなら、
    ちょー激怒してたから。
    なんで、ちゃんと見ないんだ。
    金輪際もう魚なんて食べないっ!!!て

    だから俺は18歳まで一人で焼き魚や煮魚、
    いわゆる骨がある魚は食べられなかった。
    実家を出て、外に出て少しずつ練習して食べられるようになった。

    ご多分に漏れず、次女たんも
    20歳だけど、俺がこうやって魚を食べさせているので、
    一人で食べる事は出来ない。

    でも、それはそれでいいんだ。
    出来る事と出来ない事。
    人は必要に迫ると、なんだって出来るようになるんだから。

    チサトもいつか
    焼き魚のおいしさを分かって欲しい。
    食べさせてあげて、
    このおいしさを一緒に共有したいと思える大切な誰かが出来た時、
    きっと練習して食べれるようになると思う。

    その時が来るまでは、

    「チサト、あーん」

    「骨ない?」

    「ないって。」

    「絶対?」

    「絶対ないって。超、超、慎重に見てとったから。」

    ・・・でいいと思ってる。




    20181108_2319216.jpg
    | - | 07:57 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    自分でするようになってきた時はオトコの影が!?
    | ようへい | 2018/11/08 5:40 PM |









    http://moonpiec.jugem.jp/trackback/34552