About
Power
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Friend's photo
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
Power
Jog
スマホ用画面に切り替え
MOBILE
qrcode
OTHERS

moon piece P-diary

<< 日本酒が美味すぎる件! | main | この写真 >>
初めてのボルダリング。
0
    リアルタイムで更新してたのでご存知だと思いますが、
    昨日はゆーこちゃんの同僚のまみちゃんに誘われて、
    まみちゃん、ゆーこちゃん、美穂ちゃん、俺の4人で、
    ボルダリング(石みたいなの掴んで壁登る奴な)に挑戦してきました。
    人生初のボルダリング体験。
    今日はそのレポートなり。

    ボルダリング、前からやってみたかったんだよね。
    昨日行った所は、
    初回登録料 500円
    シューズレンタル料 500円
    一通りレクチャーを受けて体験させてくれる
    ビキナーズパック 1,500円
    の合計2,500円。

    受付でお金を払った後、更衣室に行って着替える。
    ボルダリングってどんな格好ですればいいんだろう?
    事前にネットで調べたら、動き安い格好ならなんでもいいと。

    女子3人と一緒に行く。
    岩にぶら下がる事もあるだろうし、
    ならば、ジムで鍛えた上腕二頭筋とかを何気なく見せつけたろうwwww
    そう思ってさりげなくノースリーブのシャツをチョイス。
    あと、最近前髪が伸びて、目に入って邪魔なので、
    日差しはまったくないけど、サンバイザー。
    そんなスタイルで挑戦してきました。


    2.jpg


    まずはボルダリング。
    スタッフさんから説明を受ける。

    壁は4面。

    Lv1.ほんの少しだけ向こう側に傾いてる壁(うまく姿勢を取れば手を離しても落ちない)
    Lv2.垂直の壁(手を離すと多分落ちる)
    Lv3.ほんの少しだけこちら側にむかって傾いてる壁(手を離すと絶対落ちる)
    Lv4.かなりの角度でこちら側にむかって傾いてる壁(手を離すなんて出来ないw)

    この4面の壁に沢山の石がついている。
    それぞれの壁に登りやすさの順に石に色がついている。


    3.jpg


    ルールは簡単。
    例えば9級のコースを選んだら、
    ゴールまで手はピンクの石しか掴んではいけない。
    5級までは足はどの色の石にのってもかまわない。

    両足を好きな石に載せて
    Sと書かれたピンクの石を両手で触れて地面を離れた所からスタート。
    Gと書かれたピンクの石を両手で掴めればミッションクリアー!!
    Lv1.、Lv2.と順番にピンクの9級からチャレンジしていく。


    ぶっちゃけ舐めてたよ。
    まったく根拠はないけど自信があった。
    俺、ああ言うよじ登ったりするの得意だよな。
    バランス感覚は人一倍あると思ってるし、
    ジムではずっと懸垂もしてきるし。
    ぶっちゃけ、腕の力だけでよじ登ればいいんでしょ?と
    これを機に、今まで気付いてなかった才能が発覚して、
    東京オリンピックのボルダリングの選手になれるかもしれんとすら考えてた。



    舐めてました。
    大舐めでした(>_<)



    Lv4の8級まではなんとかこなせたけど、
    Lv1の7級は何度挑戦もしたけどクリアーする事出来なかった。
    Lv1の7級なんて、両足を地面から離して、両手でスタートの石に触る。
    最初のこの姿勢を取る事すら難しいと言うwww


    4.jpg



    ジムで懸垂やってるように、
    ダメなら石に捕まって、腕の力だけで登ればいいじゃんと思ってた。
    これもダメだった。
    掴みやすい鉄の棒を両手で握るのと、
    不揃いの形の石に片手の指をひっかけてるだけでは大違い。
    腕に力が入らない。
    カラダを持ち上げる事が出来ない。


    ゆーこちゃん、美穂ちゃんは
    Lv4.の8級をクリアー出来ず。
    上述のとおり俺は
    Lv4.の8級はかろうじてクリアー出来たけど、


    5.jpg



    6.jpg



    7.jpg



    8.jpg



    9.jpg



    次のLv1.の7級はクリアー出来ず。



    10.jpg



    11.jpg



    12.jpg



    13.jpg



    まみちゃんは
    Lv1.の7級をかろうじてクリアーしたけど、
    まみちゃんもここでおしまい。
    (ぶっっちゃけ負けたのが悔しいwww)


    ビギナーズパックは時間制限はなくって、やりたいだけやれる。
    2,500円も払ってるんだから
    2時間くらいはやろうと思ってたんだけど、これも誤算だった。
    1時間ちょっとしかやれなかった。
    腕力が死ぬ。それ以上に握力が死ぬ。
    指に力が入らなくなって、岩を掴む事が出来なくなんの。
    ボルダリング、マジ、舐めてたわ。




    ボルダリングの合間に、
    ロープクライミングも体験させて貰った。

    ハーネスと命綱をつけて、
    15mの壁を登っていく。

    これこれ!!
    俺がやりたかったのはコレなんだよ。
    アレでしょ。
    いわゆるロッククライミングみたいな奴でしょ。

    スタッフさんに命綱をつけて貰って、
    まずは下り方を教えて貰う。
    下りる時は基本的にロープにぶら下がれば、
    ゆっくりおろして貰えるんだけど、
    その時の姿勢とかを習う。


    14.jpg


    そして挑戦。
    これも舐めてた。

    壁や岩の配置的には、
    Lv2.の9級くらいなんだけど高さがやべぇ。
    15mの壁。
    ビルで例えると4階の高さまで外壁をよじ登る。


    15.jpg



    16.jpg



    半分くらい登った所で、足が震える。
    身がすくむ。
    命綱つけてるから落ちる事はないと分かっていても
    それでも恐い。


    17.jpg



    18.jpg



    恐いからもう足元は一切見ない。
    上だけ見て、手はしっかり石を掴むけど、
    足はもう手探りならぬ、足探りw
    足をごそごそ動かして、なんとかひっかかりそうな石を見つけて、
    そこに足をかけていく。


    19.jpg



    2/3くらい登った所で、もう止めたいと思った。
    恐くてたまらない。
    ここでふと思い出す。
    俺、高い所恐い人じゃん。
    高所恐怖症だったじゃんと。

    あの夏のあの鎖場を思い出した。
    唐松岳から五竜岳に向かう鎖場。
    遙か下の崖下まで見えてその光景が恐ろしすぎて
    足がすくんでしまって先に進めなかった鎖場。

    今日は違う。
    命綱があるから落ちても死なない。
    何度も自分にこう言い聞かせるんだけど恐い。
    下は見れない。

    やめようかと思ったんだけど、
    俺の前にまみちゃんが先に登ってる。
    女子が上まで登れたのに、恐いって言ってここで逃げるのは恥ずかしいよな。
    そう思って、一生懸命登った。
    命綱があるから絶対落ちない。落ちない。
    下は見ない。見ない。見ない。見ない。
    何度も自分にこう言い聞かせて。


    20.jpg


    なんとか上まで登れたけど、
    心臓ちょーバクバクだった。
    下まで下りて来た時の安堵感と言ったらww


    21.jpg


    22.jpg


    23.jpg



    他の3人がやってるを見て気がついたんだけど、
    高さに対する恐怖の個人差がものすごくあるんだなって思った。
    美穂ちゃんは俺同様に、ブルってへっぴり腰でなんとか登ってた。


    24.jpg


    25.jpg


    26.jpg



    逆にゆーこちゃんは、なんともなくすいすい登っていった。


    27.jpg


    28.jpg



    登り終えた後も、ボルダリングは苦手だけど、
    私、こっちの方は楽しかったと言ってた。
    俺は逆。ボルダリングは楽しいけど、
    ロープクライミングは恐くて無理だ。


    あの夏、
    唐松岳から五竜岳に向かう鎖場。
    足がすくんで先に進めなかった鎖場。

    俺や美穂ちゃんは足がすくんで途中で引き返した。
    先に進めなかった。
    落合さんとゆーこちゃんと桶屋の3人だけが、
    先に進む事が出来た。
    あの日俺は鎖場の先に見えなくなっていくゆーこちゃんを見てたんだけど、
    ゆーこちゃんが落ちてく姿ばかり目に浮かんで恐くてたまらなかった。
    あの日ゆーこちゃんは泣きながら先に進んでいった。
    高さに対する耐性が違うから、
    ゆーこちゃんや桶屋はあそこをクリアー出来たんだろうなと。


    もう一つ気がついた。
    ロープクライミングは初デートにむいてると思う。
    もしあなたがほんの少しだけ運動神経に自信があるなら。
    上述したとおり、恐くてものすごくドキドキする。
    ハラハラする。
    これ、間違いなく吊り橋効果狙えると思う。
    いわゆるアレな。男女二人で吊り橋を渡ると、恐くてドキドキした気持ちを
    恋してドキドキしてるんだと勘違いして、恋が芽生えちゃうっていう心理学のアレ。
    絶対これイケると思う。
    ゆーこちゃんは平気だったって言ってるけど、
    美穂ちゃんとまみちゃんはドキドキしながら地面に下りてきて、
    そこにいた天使のような俺の笑顔に触れた。
    間違いなく恋してしまったと思う。
    間違いなく。
    なく。


    そしてもう一つだけ気がついた。
    4人でロープクライミングをすると、






    ハンパなくクビが痛くなるwwwwww






    ずっと上見上げてるからね。
    数メートル先のビルの4階見上げ続けると、
    そりゃクビ疲れるわなと。

    そんなこんなの初のボルダリング&ロープクライミング体験。
    めちゃめちゃ楽しかった。
    またやりたい。
    次は違う女子連れて。
    これからは沢山の女子を俺にメロメロにするんだ。
    メロメロメロンだ。




    20181108_2319755.jpg




    | - | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://moonpiec.jugem.jp/trackback/34585