About
Power
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Friend's photo
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
Power
スマホ用画面に切り替え
MOBILE
qrcode
OTHERS

moon piece P-diary

<< ゆーはん | main | ジョギンーグ >>
2019年水戸マラソン走行記
0
    10月27日(日)第4回水戸黄門漫遊マラソンを走ってきました。
    4年連続で出てる大会。お気に入りの大会。


    20191028_2573803.jpg


    そしてここで、多分もう二度と出来ないだろうなと思ってたサブ4をしてしまいました。
    11ヶ月ぶりのサブ4。
    今日はまごうことなく、そのレポートです。
    4つのパラグラフに分けて書きます。





    ◆99と1

    2015年の湘南国際マラソンで初めてサブ4を達成しました。
    そこから8大会連続でサブ4をしていたんだけど、
    去年の水戸マラソンでこの記録が途切れました。
    4時間10分4秒(>_<)
    その翌月つくばマラソンで3時間42分8秒で、
    サブ4ならびに自己ベストを更新したんだけど、
    2ヶ月後の京都マラソンでは再び撃沈。
    4時間16分54秒。
    連続してサブ4出来てた頃と比べて、
    早く走るという形の走力は落ちてきてるのは感じてた。
    キツイ練習はどんどんしなくなっていたから。

    自分の中で迷いも生じてた。
    サブ4は嬉しいけど、こんな風に走って何が楽しいんだろう?って。
    レースの中の思い出に残ってる景色は、
    腕時計に表示されるタイムばかり。

    サブ4をする為には、
    ・ペース走
    ・スピード走
    ・ベースアップ走
    ゼーハーするキツイ練習もしなきゃダメ。

    趣味で走ってるだけなのに、
    なんでこんなイヤな事しないとダメなんだろう?
    って思うようになった。

    そんなイヤな練習は全部やめちゃった。
    もういいやと。

    42km走れるだけでも常人じゃ出来ない事。
    素晴らしい事じゃないか。
    その上にタイムを狙うなんてもうやめようと。
    サブ4だって、9回出来てたんだしと。

    ただ、100%そう思っていたかと言うと、そうでもなくて、
    1%だけ、サブ4したいなぁと言う気持ちはあった。
    色気はあった。
    でも、キツイ練習は絶対したくないw

    このへんの心の機微は10月25日に
    「99と1」って日記で詳しく書いた。

    http://moonpiec.jugem.jp/?eid=40104


    繁忙期が終わった7月から今年の新たな練習を始めた。
    今日までこの3ヶ月半、ほぼ毎日走ってきた。
    キロ7〜8分って言う散歩と変わらない速度で。
    3ヶ月半LSDしかしてこなかった。

    3ヶ月半キツイ練習やイヤな練習をしなくなって感じたのは、
    俺、走るの嫌いじゃないんだ。
    もしかして大好きなのかもしれないかって事。

    キツイ練習をしてた頃は走るの大嫌いだった。
    なんでこんな事しないとって思いながら走ってた。

    でもこの3ヶ月半の練習は楽しかった。
    サブ4はもういいかなぁと思うようになったら
    とても気持ちよく走れるようになった。






    ◆流れにまかせて

    ラッキーでサブ4出来たらいいなって思いながら
    スタートラインに立った。

    具体的な作戦としては、
    10kmまではサブ4ペース、
    キロ5分20秒台を意識して走ろう。
    10km走った時点で、キツイと思ったらそこからはペース落としたり、歩いたりしよう。
    サブ4する練習は一切してないんだから、きつくて当たり前。
    走れなくて当たり前なんだからと。

    実際10kmに辿り着いた時、そんなキツイと思わなくて、
    ほなもう10kmこのペースを意識してみるかな、
    そう思って20kmまで同じペースで走った。

    20kmの時点ではそこそこ疲れてた。
    やめるかなぁ。ぼちぼち歩くかなぁと考えながら
    とりあえず半分までは頑張ってみようと思って走った。
    ハーフ通過が1時間56分23秒。
    スタート時に1分30秒のロスがあるから、実質的には1時間54分で半分走ってきた。
    って事は今回のレースは、ネットタイムでいいなら、
    残り半分は2時間6分かける事が出来る。
    前半よりは楽っちゃ楽だけど、それでも微妙だなぁと。
    とりあえず25kmまでは頑張って走るかと思いながら走った。

    突っ込んだら絶対潰れると思ってたので
    ハーフまでは気持ち抑えて走ってたけど、
    もうそれもいいかなぁと思ったので、このへんから少しだけペースはあげた。

    25km通過。
    普通にしんどい。やめるかなと考えるも、
    問題はただしんどいだけで、痛い所とかは何もないの。
    困ったなぁ。やめたいけど、やめる理由がねーんだよなぁと。
    どこも痛くないのにここでやめるのもなぁ。
    そう思って、次は32kmまで走る事にした。
    今のペースを維持出来たら、3時間以内に32kmを通過出来るよなぁ。
    そしたら、残り10kmに1時間かけられるようになる。
    キロ6分までペースを落とせる事になる。
    そこまでは頑張ってみるかなー。
    これが出来たら真剣にサブ4狙うかなと思って走る。

    32km通過。2時間53分。
    あら、いやだ。
    俺、とても優秀じゃん。3時間と思ってたけど、
    7分も余らせて通過してしまった。
    しんどいのはしんどいけど、ここからあと3km、キリのいい35kmまでは頑張るかなぁと。
    35kmまで行ったら、残り7km。
    7kmって事は普段のオレンジ練と同じ。
    残りがそんくらいなら頑張れるよなと。

    いや、ちょっと待てよ。
    フルマラソンって42.195kmって距離だけど、
    実際さ、41kmくらいまで来た時、いつも感極まってるし、
    沿道に応援の人も多くてみんなが「おかえり」「おかえり」「よく頑張ったね」って褒めてくれる。
    つまりもうこの区間はウイニングランみたいなもので走ってて辛くない。
    逆に楽しい区間。
    って事はよ、35kmまで走ったら残りは6kmでいいって事じゃん。
    そんな事を考えてた。

    35km到着。
    3時間10分15秒。
    残り7kmで50分使える。
    キロ7分まで落とせる。
    このまま何も起きなければサブ4は出来るなと思う。

    ここまではなんとなくイーブンペースを意識して走ってきたけど、
    35km過ぎたあたりから、若干だけど意識してペースを落とした。

    って言うのも、去年の苦い思い出が残ってたから。
    去年は35kmでサブ4を確信したんだけど、
    36kmで足が攣ってしまってそこからは走れなくなって、
    残り6kmだだ歩きで4時間10分。
    あんなのはもうごめんだと思って、ここからペースを落とした。
    きつさは30kmくらいから変わってなかったので、
    同じペースを維持しようと思えば出来たかもだけど、しなかった。
    足攣って台無しにしたくなかったから。

    今回のレースは、
    サブ4出来たらラッキーの気持ちだったし、
    自己ベストを狙うなんて事も思ってなかったから、
    走ってる途中、いつもみたく時計は見なかった。
    なんとなく同じくらいのペースで走れてたらいいなと時々確認するだけで。

    ゴール後に知ったんだけど、
    各区間ばらつきはあるけど、
    5kmごとのタイムはこんな感じなの。



    スクリーンショット 2019-10-28 21.03.47.png



    35kmまでは、計ったようにほぼ同じペースで走ってんる。
    機械かよwwww
    俺すげーwwwwと思ってしまった。
    昔はこんな走り方絶対出来なかったのにと。

    昔はスタート直後からイヤホンを耳に入れて音楽を聴きながら走ってたけど、
    最近はこれはしなくなった。
    音楽によって得られる高揚感はせいぜい10kmくらいだと悟ったから。
    それ以上長い距離は聞きながら走っても効果ないし、
    逆にうるさくて疲れる。
    ただ、音楽が多大な力を与えてくれるのは事実で。

    だから最近は、ああ、しんどい。
    もうダメ、つらい、助けて欲しいと思うまでは聞かないようにしてる。

    今回は36kmあたりにこれが来た。
    ほぼサブ4は確信出来てるけど、キツイ。しんどい。
    ここでipodを出してきて音楽を聴き始めた。

    queen聞きながら走った。
    映画ボヘミアンラプソディで見たライブエイドのシーンが
    曲に合わせて目に浮かんで、テンション↑↑
    また楽しく走れるようになった。

    38.5km。
    トンネルの中に入る。
    音楽を聴きながら走っていたんだけど、あたりがとても騒がしい。
    何事だろうと思って音楽を止める。

    コース沿いにずらっと高校生達が列んで応援してくれてたんだけど、
    トンネルの中なので、その声がトンネルの中に反響して響いてるの。
    大音響で、


    「頑張れ!」「頑張れ!」「あと少し!」


    若い子達が必死になって応援してくれてるの見て聞いてたら、
    思わずウルっとしてしまった。

    トンネルの中は音楽をとめて走ったけど、
    トンネル出たらもっかい音楽を聴き始めたw

    40km通過。3時間39分。
    サブ4を確信。
    残り2kmを20分。
    ここで足攣ったとしても、多分間に合う。
    水戸マラソンはゴール手前に激坂がある。
    あの区間は全部歩いても大丈夫だなと思いなが走る。

    ラスト1km。激坂区間に到着。
    胸を張って歩く。

    そしたらだ、そんな所に限って、仲間が立っていて応援してくれてるの。
    ゆきちゃんとowlさんがそこで応援してくれてた。
    最後まで走れ走れと。
    イヤ、違うねん。俺、本当にさっきまではちゃんと走ってたんだよ。
    今やっと歩き始めたばかりなんだから。
    そんな言い訳をしながら2人の前を通過。

    ゴール手前200mの所ではぽんちゃんが応援してくれてた。
    「グロスでサブ4行けたねー」って手を振ってくれてた。
    俺も嬉しくて、ぶるんぶるん手を振った。
    そして11ヶ月ぶりのサブ4だ!!



    20191027_2573347.jpg



    ゴールタイム3時間55分41秒。
    ネットでは3時間54分13秒。



    20191027_2573363.jpg



    嬉しかったな。
    本当に本当に嬉しかったな。







    ◆分析する

    ロング走、LSDしかしてないのに、よくサブ4出来たなぁと思う。
    自分なりに今回サブ4出来た理由を考えてみる。

    1.肩の力は完全に抜けてた。
    何がなんでもサブ4したいみたいな気負いは一切なかった。
    どうせ出来ないに決まってる。もし出来たらラッキーだなぁって思ってた。
    このおかげで無駄な力は一切入らず、楽に走れた。


    2.つっこまなかった。
    去年3回走ったフルマラソンは3回とも前半からつっこんだ。
    去年はそれなりに練習してたから、自己ベストを出したいって気持ちが強かった。
    結果的につくばでは実を結んだけど、水戸と京都は最後の最後で足が攣って撃沈。
    つくばはかろうじて最後までもったけど、ゴールした途端足が攣った。
    あれが5km手前で起きてたら、つくばも撃沈だったろうなって思ってる。
    でも今年は自己ベスト出したいなんて思いはないし、そんな力もあるわけもない。
    だから、最初からペースを押さえて走った。
    結果的にこれが良かったんだろうなって思った。
    最後まで足が攣る事なく走る事が出来た。

    ちなみに去年と今年のタイムとラップタイムの比較表を作ってみた。
    去年がいかに前半つっこんで阿呆みたいな走り方をしてたかが如実に分かるwww
    ハーフの時点で去年は今年より4分も速く走ってる。
    にもかかわらず、後半だらだら落ちてきて、36kmでほぼ変わらないタイムになって、
    37kmで抜かされると言う。


    水戸1.jpg
    水戸2.jpg
    水戸3.jpg


    マラソンはペースが大事。
    つっこむのは厳禁ってよく言われてる。
    12年走ってるけど、はじめてなるほどなーって思ったww


    3.距離には慣れていた。
    キツイ練習は一切してないけど、ただただ距離だけは踏んだ。
    8月413km、9月423kmと長い距離を走った。
    50km走みたいな練習も何度もやった。
    おかげで、42kmが長い距離だとは感じなくなった。
    レース始まる時、今日は40kmでいいんだもんね。
    いつもより楽だなくらい思ってた。


    4.経験値をいかした。
    20km30kmと距離が進めば進むほど疲労はたまっていった。
    俺、こんな時どうしてたっけ?
    そだ、笑わなきゃなんだ。笑顔作ればつらいのは紛れる。
    それまではコースの中側の方を走ってたけど、
    30kmから先は、極力沿道に近い方を走って、
    沿道で応援してくれてる人に対して手を振り替えした。

    「ありがとう」「ありがとう。」「頑張るから!」

    そう言いながら。
    満面の笑顔で。
    不思議だよねぇ。こうするだけで、つらい気持ちは薄らぐの。
    頑張ろうと思えるの。
    自分が今きっといい笑顔で笑えてると確信すればするほど。







    ◆最後に

    久しぶりのサブ4出来た水戸マラソン。
    それが嬉しくて、昨日は打ち上げで大いに酒を飲んだ。
    この笑顔。


    20191027_2573424.jpg


    どんだけ嬉しかったか分かってもらえると思う。
    今シーズンも例年どおりフルは、
    水戸、つくば、京都と3レース走る。
    残りはつくばと京都。

    シーズン1発目の水戸でサブ4出来ちゃったから、
    残りの2つは楽していいかなぁ。
    たらたら走ってもいいかなぁと考えてる。

    でももっかいくらいサブ4出来たら嬉しいな。
    こんな気持ちで次のつくばは挑もうと思う。
    ダメでもいい。
    今年はもう水戸でサブ4出来てるんだからと思いながら
    挑もうと思う。



    | - | 21:07 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    お疲れ様です。ナイスラン&#8252;
    1%の壁を突破しましたね。お見事です\(^o^)/
    やればできんじゃん(^o^)
    自分が思ってる以上に、自分の力は有るよ!自信を持って行こうね。
    「少し走ったら、もっと走りたくなった。」ランナーはこの繰り返しだよね。
    自分で限界は決めず、肩の力を抜いて、お互い更なる高みを目指して、楽しく頑張りましょう(^O^)/
    Let's Go!
    | 牛久のてっちゃん | 2019/10/31 5:22 AM |









    トラックバック機能は終了しました。