About
Power
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Friend's photo
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
Power
スマホ用画面に切り替え
MOBILE
qrcode
OTHERS

moon piece P-diary

<< ゆーはん | main | じょぎーんぐ >>
君の膵臓をたべたい 読後感想文
0
    そうそう、キャンプ中に読み終えたんだよ。
    君の膵臓をたべたい。
    ネタバレしない方向でサクっと感想書きますね。



    20200727_2749501.jpg



    この小説、
    好きか嫌いかで言うと俺は大好きだし面白いと思った。

    嫁は随分昔にこの本読んだ事あるんだって。
    もう話の中身は覚えてないけど、
    主人公の女の子がむかついてたまらなかったって事だけを覚えてるとw
    小説を読み終えた後、
    世の評価はいかがなものだろうと思って、Amazonのレビューサイトを見に行ったら、
    かなりの勢いで酷評されてましてwww、
    嫁と同じような事を書いてる方もいるし、
    村上春樹っぽくてイヤという評価も沢山あった。
    読んでる時は思わなかったけど、
    言われてみたら、村上春樹っぽい表現や言い回しは確かにあるかもなと。
    村上春樹が大好きな俺にとっては、これは問題はない。

    俺が感じたのは、
    主人公の女の子はめちゃめちゃ魅力的な女の子で、
    小説の半ば過ぎたあたりで、もうメロメロだった。
    恋してた。
    こんな子が自分の周りにいて、自分と仲良くしてくれたら、
    どんなに楽しい高校生活が送れただろうかと考えた。
    こんな個性的な彼女が欲しかったなと。

    主人公の男の子の不甲斐なさが腹が立って仕方なかった。
    かなり慎重派で、草食だと評判な私ですが、
    そんな私でも、
    お前、女の子の方からそこまでお膳立てして貰ったら、行くでしょ!?
    押し倒すでしょう。
    マジで!?
    なんで行かねーんだよ。
    超奥手の俺でも、その状況なら多分迷わず行くぞ。
    てか、そんなチャンス滅多にないんだぜ。
    なぜそのチャンスをものにしない!?
    主人公の男の子の不甲斐なさに、歯ぎしりしながら読んでた。
    つまり、夢中になって読んでたんだw

    主人公の男の子が彼女のお母さんに会いに行ったシーンでは、
    思わず泣いてしまった。
    本読んで泣いたのって久しぶり。
    つまり、それくらい夢中になって読んでたんだwww

    この本を読んで2つの事を思った。



    ◆1つめ。
    どこかの誰かもちょっと前に書いてたけど、
    「死」をテーマにして、「死」で物語を盛り上げる小説は
    やっぱりずるいと思う。
    どうしても、感情移入して読み込んでしまうもん。
    ミスチルがHEROって曲の中で歌ってる

     駄目な映画を盛り上げるために
     簡単に命が捨てられていく
     違う僕らが見ていたいのは
     希望に満ちた光だ


    夢中になって読める人が死なない物語はないのかしらと思った。

    この物語が言いたいのは、結局の所、
    村上春樹がノルウェイの森の中で書いていた、


    「 死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。」


    この言葉に、俺が47年間生きてきて痛感しているこの一言を加える。


    「 死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。
      そしてそれは本当に身近すぎる所にある。」


    これが伝えたかったんじゃないかな。
    読み終えた時こう思った。



    ◆2つめ。
    主人公の男の子と女の子が、クラスメイトから、
    「彼とはどんな関係?つきあってるの?」
    「彼女とはどんな関係?つきあってるのか?」と
    2人の関係を聞かれた時に、
    主人公達は「仲良し」と答えた。
    これが良かった。

    って言うのも、
    この本を読んでる途中に見かけたネットのまとめ記事で
    「セックス」の事をセックス以外になんて表現してた?
    って記事を読んだ。
    その中で、

    「昔付き合ってた彼女はセックスの事を  仲良し  って呼んでた。
     セックスしたくなると、
     『仲良ししよお』
     こう言って甘えて誘ってきた。」

    ってカキコミがあってさ、
    なんかたまらなと。
    セックスの事を「仲良し」と表現して、
    女の子の方から、仲良ししたいと誘う。
    かわいさの中に見え隠れする、なんとも言えないそのエロさ。
    それを言ってる時の女の子を想像すると、
    妙にエロいなとw

    だもんで、小説の中で2人の関係を聞かれて、
    「仲良し」って言葉が出てきた時に、
    ムフフって思ってしまったw

    えっ!?これ小説の感想とは関係ないって?
    別にいいだろう。
    俺がこの本読んでる時に、実際に思った事なんだからwww

    きっとこの小説の中の彼女も、
    セックスしたいと思ったら、

    『ねぇ、仲良ししようよ』

    こんな風に誘うんだろうなとなんとなく思った。


    以上がこの本の俺の感想。







    カビちゃん、
    俺は面白いと思ったし、
    大好きな小説だったよ。

    Amazonのプレビューの中にこんなクソみたいは話読むなら、
    「いちご同盟」の方が100倍いいぜってカキコミがあったから、
    それをポチってみた。
    次は「いちご同盟」って本を読んでみるよ。









    | - | 20:58 | comments(2) | - | - | - |
    薦めた訳じゃないけど
    ホッとしてます。
    オレは確かキュンキュンしながら
    読んだ覚えがあります( 〃▽〃)
    | カビ | 2020/07/29 2:47 AM |
    かなりのキュンキュンで
    萌え萌えだったよ。
    こんな子が自分の彼女だったらとww
    嫁はこいうう女はムカつくんだってさww
    男と女の違いかな?
    | むんちん | 2020/07/31 7:23 AM |