About
Power
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Friend's photo
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
Power
Jog
スマホ用画面に切り替え
MOBILE
qrcode
OTHERS

moon piece P-diary

<< 疲労抜き | main | かしこまりました。 >>
2012つくばマラソン走行記 後編
0
    2012年つくばマラソンのレポートの後編です。
    前編を読んでない方は、前編からどうぞ


    2012つくばマラソンレポート 前編
    http://moonpiec.jugem.jp/?eid=5655



    ◆正解

    今回のつくばマラソン、
    結果的に飛ばしすぎで自爆したけど、
    1km、5分29秒を遵守して、
    ペースを維持して走り続けていたらうまくいったのか?
    こう聞かれても「分からない。」としか答えられない。
    後半は絶対疲れるもん。
    後半も同じタイムで走りつづける自信はない。
    それなら、前半飛ばしたタイムを、
    今回のように25秒も早いペースではなく、
    せめて10秒程度、
    5分19秒くらいのペースで前半のレースを進めていたら、
    最後まで力が持って、
    後半少しペースが落ちたとしても、
    3時間55分台のタイムでゴールする事が出来たのだろうか?
    これも分からない。

    自分の性格的に
    ペースを意識して走る事は絶対出来ないなって思う。
    最高のコンディションだった。
    最高の体調だった。
    羽根みたく軽かった。
    飛ばして走れるのに、
    これをキモチでぐっと抑えてセーブして走る。
    オレには絶対出来ない。
    自分自身で子供だと思うけど我慢が出来ない。

    そして、もしセーブして走ったとしても、
    必ず後半に力が残ってるっていう保証なんて
    何1つない。
    セーブしたまま後半は疲弊していて、
    力を半分も出せずに終わる可能性だってある。



    正解がない世界。



    なんとなくこうした方がいいって事は分かってる。
    でも、その方法が本当に正解なのか?
    って考えても確信は持てない。






    ◆リタイヤ

    32km地点で4時間半のペースランナーに抜かれた。


    121125_125420.jpg


    ペースランナー。
    マラソン大会にはペースランナーという者が存在する。
    ペースランナーはウエアーに
    4時間とか4時間半という文字が書かれていて、
    最初から最後まで同じペースで走る。
    そのランナーについて行く事が出来たら、
    そのタイムを達成出来る事になる。
    32km地点で4時間半のペースランナー。
    つまり、この時点で去年の自分に抜かれた。

    33kmの手前で、
    手の指の先から足の指の先まで、
    カラダの右側面、全部がつって地面に倒れた。
    カラダ半分がひきつけを起こし、
    悶絶うって地面を転がり回ってると、
    レスキューの人が飛んできて、
    歩道に移動させてくれて迅速に処置してくれた。

    「10分間、ここで横になってて下さい。
     10分経過しても、症状が落ち着かないなら、
     残念だけどレースは諦めて下さい。
     ここでリタイヤして、後からくる収容車に乗って下さい。」

    言われたとおり、
    10分間ぼけーっと寝転んでた。
    動くと断続的にカラダの右側全部と左足がつった。
    寝転んでずっと空を眺めてた。

    7回目の挑戦だけど、
    はじめてリタイヤになるのかなぁ。
    またこの展開かよ。
    オレ一人リタイヤかな。
    そうなったらイヤだな。
    格好悪いなぁって。

    歩道の上で寝転んでいると、
    歩道でマラソンを応援していた
    知らないおばさんがやってきて、
    「こんなものしかないけど食べる?飲む?」
    そう言ってヤクルトとバナナを差し出してくれた。
    キモチは嬉しかったけど、断った。
    泣いてる所見られたくなかったから。

    今年1年間、
    今日、この日の為にやってきた事を考えていた。
    練習してきた日々の事をずっと考えてた。
    あんなに頑張ったのになって。
    そう考えたら、後から後から涙が出た。






    ◆意味

    幸い安静にしてたら痙攣はおさまった。
    レスキューの人と約束した10分が過ぎたので、
    再びコースに戻った。
    レスキューの人から

    「絶対無理はしないで」

    こう言って送り出された。
    無理をしようにも出来なかった。

    かろうじて歩く事は出来る。
    でも走れない。

    一歩でも走ると、
    地面を蹴った方の足がつる。
    仕方なく走るのは諦めて歩き続ける。
    歩きながらずっと考えてた。

    33km地点。
    この時点でのタイムは3時間半くらい。
    完走の制限時間6時間まで残り2時間半で9km。
    最後まで歩いたとしても、
    制限時間内にはゴール出来る。

    カラダ中ボロボロだったけど、
    100kmウォークの時の90kmを越えたあたり
    ラスト10kmと比べると、
    全然マシな気がする。
    今回はただ走れないだけで、歩く事は出来る。
    色んな所が痛いけど我慢出来る痛み。
    それならゴールまではいけるさ。
    残り9kmぽっちだもん。
    オレ、満身創痍で100km歩いた事あんだぜ。
    この程度の痛みで9km歩くなんて屁でもないぜと。

    ただね、9km歩いてゴールすると、
    おそらく2時間くらいかかる。
    つまりゴールタイムは5時間30分台。
    少し前に去年の自分においていかれた。
    このまま行くと、この後、
    2年前の自分どころか、
    3年前の自分にも負ける事になるだろう。

    そこまでしてでもゴールに行く必要あるんだろうか?

    オレの目標は4時間半より早くゴールする事
    完走は目標じゃない。

    目標達成が絶望的になり、
    かつ走れない状態。
    このまま歩いて、
    ゴールする事になんか意味はあるのか?








    ここから歩き続ける意味ってなんだ?







    ◆逆ギレ

    33kmからずっとそんな事を考えながら歩いてた。
    36km地点の給水所でボランティアの女の子に
    逆ギレしてるアホなおっさんがいた。
    ボランティアの女の子が

    「あと少しです。頑張って下さい。」

    こう言ってお水を差し出した事に腹を立てたみたい。

    「あと少しだ?
     ここから6kmもあるんだぞ!
     ここからが一番大変な所じゃねーか。
     お前は分かってんのか!?
     ここからの辛さを」・・・って。

    アホじゃねーかって思った。
    女の子が気の毒でたまらなかった。
    でも、ほんの少しおっさんのキモチも分かった。
    33km地点からここまでずっと歩いてきた。

    沿道で応援してくれてる人達から、

    「ナイスラン!ナイスラン!」

    こう声をかけられる度に心の中で思ってた。

    「走ってねーよ。」って。

    「走りてーけど走れないなんだよ。」

    「ナイスランってなんだよ。走ってねーし」って。






    ◆かっこつけなきゃ

    走ってみようと試みては
    足がつりかけてやめるを繰り返してた。
    それでも36kmを過ぎたあたりになると
    若干回復してきたのか、
    少しの距離ならまた走れるようになってる事に気がついた。
    35kmあたりで沿道の方から「塩あめ」ってあめを貰った。
    これが効いたのかなぁ?
    少しだけ症状は緩和されてた。

    37km地点を越えた直線の先に、
    チームの旗が見えた。

    嫁とめぐがここにいますよ。
    ここで応援してますよのサイン。

    かっこつけなきゃ。
    ここは何がなんでも走らなきゃ。
    こう思って嫁とめぐの前を必死こいて走り抜けた。
    そして嫁達が見えなくなったあたりで再び歩いた。






    ◆花道

    37kmから再度走ったり歩いたりを繰り返した。
    つりそうになると歩く。
    足のぴくぴくがおさまると再び走る。
    これの繰り返し。
    40kmを越えたあたりで思った。
    ここから1kmだけは何がなんでも歩こう。
    体力を思いっきり温存して最後の見せ場に備えよう。
    最後の1.195km。
    この見せ場だけは、満面の笑顔で
    沿道の方に手を振りながらゴールまで走ろう。
    こう思って40km→41kmの1kmは歩いた。
    そして41km→42.195km
    思いっきり走った。

    「おかえりなさい。」
    「よく頑張ったねー。」
    「あと少し!あと少しだよ!頑張って」

    沿道の人々が口々に声をかけてくれる。
    そんな声援が心から嬉しかった。
    あそこでリタイヤしなくて良かった。
    オレ、この最後の1.195kmを走る為に戻ってきたんだ。
    頑張ったんだなって思えた。
    目標にしてたタイムはダメだったけど、
    それでも気分は最高だった。

    この達成感やキモチは
    ハーフマラソンでは感じた事がない。
    フルマラソンだからこそ感じるオモイ。
    やりきった感。
    ゴールまで1.195kmの間に沿道の方々からかけて頂く、
    数々の賞賛の言葉。
    これが嬉しくてオレは走ってるんだ。
    心からそう思った。





    目標は達成出来なかった。





    少し胸は痛んだけど、
    それでも大きく大きく胸をはって
    いつもどおり、大きなガッツポーズをして
    ゴールゲートをくぐった。





    121125_143117.jpg







    邏?譚・IMG_4701.jpg








    ◆結果

    昨年はちーむつきっこ14人でエントリーして、
    1人が途中の関門を越えられず棄権、
    1人がゴールまではたどり着いたけど、
    制限時間6時間を越えていた為、
    記録なしの完走証はなし。
    12人完走。1人リタイヤ。1人完走証貰えずでした。

    今年は去年以上の人数15人でゴールを目指しました。
    出来れば15人全員でゴールしたい。
    みんなで笑顔で酒を飲みたいなって思ってた。
    でも、ムズカシイだろうなって思ってた。

    だって42.195kmを走るんだもん。
    6時間以内で。
    途中何があるかなんて分からない。
    今回はメンバーのうち1人が、
    肉ばなれを負った状態での出場。
    「頑張って19kmの関門までは走ってみせます。」
    みたいな状態だった。
    だからこそ15人全員は厳しいかもなぁって思ってた。

    自分だけは何があっても
    完走出来る気でいたんだけどね(苦笑)
    ぶっちゃけオレが一番ヤバかったんだけど。
    あそこでケイレンがとまらなければ、
    強制的に収容車だったから。

    7回目のフルマラソン。
    一番舐めてのはオレ自身だったかもしれない。
    本当に何が起こるか分からない。
    でも、その何が起こるか分からない中で、
    僕達つきっこ15人は、
    死にものぐるいで頑張って
    全員完走する事が出来ました。

    ゴール後はいつもの如くうちに戻って、
    みんなでうちあげ。
    大宴会。

    酒ってさ、
    何か特別な事がなくても、
    仲のいい仲間達と集まって飲めば、
    いつでも美味いさ。楽しいさ。
    でもさ、こうやってチームで決めた何かに挑戦して、
    全員がその挑戦をクリアーした後に飲む酒。
    お互いの努力をたたえ合って飲む酒。
    達成感。多幸感。

    世の中、これを越える美味い酒が存在するなら
    教えて欲しいと思う。

    何にも変えられないキモチ。
    酒の味。




    ◆そして

    マラソンに関しては、
    毎年目標をクリアーしてきたけど、
    悔しいけど、今年は達成出来ませでした。
    また今週末から、
    来年に向けて頑張ろうと思います。

    寒い日も、暑い日も、暗い日も、花粉の日だって
    走ってやるよ。

    今回、一回足踏みしちゃったけど、
    もっかい同じ目標で走る。
    来年こそは、
    1年前の自分、
    38歳の自分、
    4時間29分より早いタイムでゴールしてやる。

    そしていつかはサブ4。
    4時間切って走れる日が来るといいな。

    それまでは頑張って走ってみようかなって思った。

    つらいつらい41kmと
    歓喜のラスト1.195kmの為に。

    何がおこるか分からないフルマラソン。
    思い通りに行かないからこそ面白い。
    だから頑張ろうと思える。
    来年にむけてまた頑張るよ。






    邏?譚・IMG_8131.JPG







    邏?譚・IMG_8145.JPG











    おわり。




    以下、今回のつくばマラソンで撮ってきた
    (撮って貰った)写真です。
    良かったら見てやって下さい。





    邏?譚・DSCF8096.JPG




    邏?譚・DSCF8097.jpg




    邏?譚・DSCF8090.jpg




    邏?譚・IMG_4698.jpg




    邏?譚・IMG_4708.jpg




    邏?譚・IMG_4735.jpg




    邏?譚・IMG_4733.jpg




    邏?譚・IMG_4770.jpg





    邏?譚・IMG_4781.JPG





    邏?譚・IMG_4788.jpg





    邏?譚・IMG_4811.jpg





    邏?譚・IMG_4771.JPG





    邏?譚・IMG_4830.JPG





    邏?譚・IMG_4835.jpg





    邏?譚・IMG_4859.JPG





    IMG_4865_edited-1.jpg





    邏?譚・IMG_4868.JPG





    邏?譚・IMG_4870.JPG





    邏?譚・IMG_4874.JPG





    邏?譚・IMG_4876.JPG





    邏?譚・IMG_8111.jpg





    邏?譚・IMG_8116.jpg





    邏?譚・IMG_8119.JPG















    邏?譚・IMG_4851.jpg










    | マラソン | 12:44 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    Moon師匠 本当にお疲れ様です。
    師匠の驚異的な練習量からサブ4 確実と私も思っておりましたから師匠本人もマラソン終了までコメントしませんでしたがサブ4を考えていたのは当然でしょう。しかしマラソンは難しい。。。
    師匠の今回のペース配分痛いほど私にはわかります。まさに私の過去のマラソンレース配分です。つくばマラソンは何回も参加し4時間切りも数回、加えて霞ヶ浦、東京マラソンと参加しましたが、なんと恥ずかしながら一度も完走したことがありません。必ず終盤3〜5kmは歩いてます。そのため完走証をもらうのですが完走してない。。。。情けないっす。
    つくばでは大学内では車道ではなく歩道を走り、折り返しあたりまでは、がんがん前を行く人を抜いていくのですが、西大通りへ帰ってくる頃には抜かれることはあるが抜くことは無し状態です。前半抜くときにこの人こんな変な走り方で最後まで大丈夫かいと思ったような人に大学へ帰ってきたあたりで抜かれ、へこみまくりです。ほんと5時間だろうが6時間だろうが歩くことなく走りきる人尊敬します。すごいですよ。
    30代前半のころはそんなペース配分でも4時間きっていましたが50近くなりいまや5時間超えないようにするのでせぇ〜いっぱいといった感じです。4時間きれたの奇跡っす。
    ここ2年はフルにでる機会もなくというか躊躇しておりハーフマラソンならということで、先日、いわい将門ハーフマラソンに参加しましたが、なんとここでも同じようなペース配分で終盤歩いてしまい2時間きるのでいっぱいいっぱい、俺のからだにはこのペース配分がしみついてしまったのか。。。。以上、長々とですが今回のレポートを拝見し本当に師匠の気持ちが身にしみ私の体験コメントさせていただきました。
    師匠の次回フルへのとりくみ楽しみにしてます。来年のカレンダ〜の写真かっこよすぎですよねぇ〜

    しかし酒飲み16歳みゆき嬢のポテンシャルはすごいですね。ことしの100キロウォーク 早朝の朝日の中うつむきながらひとり、とぼとぼと土浦へ向かっていた時、向こうからえらい元気な女がやってきて強制的にハイタッチされエネルギ〜注入されました。彼女がみゆき嬢だったのではと推測しております。
    | Sam | 2012/11/29 9:15 PM |
    ご無沙汰してます。
    お元気ですか?

    > つくばでは大学内では車道ではなく歩道を走り、
    > 折り返しあたりまでは、
    > がんがん前を行く人を抜いていく
    > 西大通りへ帰ってくる頃には抜かれることはあるが
    > 抜くことは無し状態


    今年の僕見てました?
    って思わず思ってしまうほど、
    まったく同じ行為をトレースしてます。
    前がつっかえて邪魔で邪魔で、
    歩道あがってガンガン飛ばして走ってましたよ。
    あの時の気分の良さといったら。
    そして後半の気分の悪さといったら(苦笑)

    応援のメッセージありがとうございます。
    また来年にむけて頑張ろううと思います。

    > 彼女がみゆき嬢だったのではと推測しております
    その女性は絶世の美女でした?
    もしそうなら、間違いなくうちのみゆきさんです(笑)
    | むんちん | 2012/11/30 5:41 PM |
    はじめまして。
    今日は仕事が休みでtiffanyに友達の女の子と行こうと誘ったら断れてしまったので独りで行くことになって嫌だな〜と思い「tiffany 入店」で検索したらこちらの昔の日記に繋がって、読んでるうちにうんこちんこまんこがれんこされてておもしろいな〜って見てたらあららつくばの方だということで同じ市民だと思いきやスイム、ランと共通点があってボクもこの前のつくばマラソン走ったんですが16km過ぎで足やられてしまって、それこそサブ4狙ってたんですがもう走れなくなって根性でゴールすることに意味があるのか?と考えたり今年の2月に亡くなった母の写真を観直して踏ん張ろうとしたけどけっこうなダメージくらって次が走れなくなってもしょうがないと思って日の丸商事の先あたりで収容バスに乗って会場戻ったけどゴール着いたときのみなさんの完走後の充実した顔を見てたらなんか辛くて数日夢でうなされて明日のかすみがうらマラソンにはエントリーしてがんばろうと思ってる恐らくmoon4さんより1つ年下の仮性包茎のものです。偶然このサイトに辿りついて楽しませていただきました。では失礼します。
    | たまたま | 2012/12/04 10:32 PM |
    たまたまさんはじめまして。
    色々読んで頂いたんですね。
    ありがとうございます。
    しかも同じつくばの方って聞いて嬉しく思ってます。
    たまたまさんも走られているんですよね?
    どのへん走ってます?
    僕は毎週土曜、この時期だと、6時、7時台あたりは
    いつもペデストリアンデッキあたりを走ってます。
    もし見かけたら声かけて下さいね。
    | むんちん | 2012/12/06 5:16 PM |









    http://moonpiec.jugem.jp/trackback/5658